×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゴム / RUBBER
ゴム
自動車や航空機のタイヤなどに用いられています。
天然ゴムの生産方法は、技術的格付けゴム(TSR=Technically Specitied Rubber)と視覚的格付けゴム(RSS=Ribbed Smoked Sheet)に大別され、TSRとは、非ゴム分などを化学的に分析して格付けしたものです。大阪商品取引所に上場されているTSR20とは、TSRの中で一番流通量の多い汎用種です。
加工の方法によってシート状のRSS(Ribbed Smoked Sheet = 等級が5等級あり、不純物の割合や傷に応じて振り分けられます。)やクレープ類、特殊天然ゴム、技術的格付ゴム等に分類されます。
 
■生産動向

世界の天然ゴム生産は、タイ、インドネシア、マレーシアの主要3カ国で全体の70%程度を占めており、そのうちTSRの生産量が55%程度です。ゴムの消費量の上位はアメリカ、日本、中国で世界全体の40%をこの3カ国で占めています。近年、ゴム生産国では、TSR生産へのシフトが増えており、このため日本のTSRの輸入量は年々増加傾向にあります。


■価格変動要因


世界のゴム生産の70%を占めるタイ、インドネシア、マレーシアの現物市場の動向に注意する必要があります。つまり、主要生産国の天候による集荷量の増減や労働問題、在庫水準、政変や金融情勢、消費国の自動車やタイヤの生産、販売、在庫量のほかに為替の変動に注意が必要と考えられます。






Copyright(C) 2009 sakimonohiroba All Rights Reserved