アルミニウム / ALUMINUM
アルミニウム
他の金属と比較し酸化しにくく、融点が低いため加工しやすい点や、再利用することのできるエネルギー効率の良さと多様性に優れた商品特性から、日常生活のさまざまな分野で広く利用されています。ボーキサイトを主原料とした中間素材のアルミナを電気分解することでアルミニウムができあがります。ボーキサイトは熱帯、亜熱帯地区の地殻表層部を露天掘り採取(パワーショベル等で掘る)できます。
 
■生産動向

主な産出国として、オーストラリア、ギニア、ブラジル、ジャマイカ等があります。


■価格変動要因

ボーキサイト鉱山やアルミニウム精錬工場での労使交渉の動向(ストライキ)、工場の老朽化や事故など(供給に対する障害の懸念材料)に注目する必要があります。また、近年、先進国を中心に環境問題を考え、アルミニウムの再利用が高まっています。アルミニウムの需要は主に輸送、建築、包装です。基幹産業の広い分野で用いられているため、世界各国の景気動向にも左右されます。また、日本は輸入に依存しているため為替の変動もアルミニウムの価格を左右します。






Copyright(C) 2009 sakimonohiroba All Rights Reserved